知っていますか?離婚後の年金分割

年金分割とは?

 

年金分割とは,平成19年4月1日以降に離婚した場合において,

婚姻期間に対応する厚生年金,もしくは共済年金の保険料納付記録を最大2分の1まで

配偶者に分割することができる制度のことです。

 

なお,勘違いされがちなのですが,年金分割を行ったからといって,

将来配偶者が受給する年金額の半額をもらえるようになるわけではありません。

年金はあくまでもご自分が過去に納めた保険料に見合ったものしか受給できません。

もっとも,年金分割を行うと,より多くの保険料を支払ったというように年金の記録を

書き換えることができるのです。

 

また,年金分割はあくまでも厚生年金及び共済年金を対象としたものであって

国民年金は対象となりません。従いまして,自営業者の夫婦など,

国民年金にしか加入していない場合には年金分割をすることができません。

 

 

年金分割制度の運用

 

 分割の割合は,「最大2分の1」ということですが,

ほとんどの事案で2分の1の割合による分割が認められています。

また,年金分割は離婚原因とは何ら関係がありませんので,

例えば不倫していた配偶者からの請求であっても分割割合は2分の1となりえます。

 

このように,年金分割は申請しさえすれば,かなりの高確率で2分の1の割合での分割が

認められることになります。

 

一般的に年金分割の申立ては妻側が行うことが一般的ですが,

弁護士を依頼せずにお一人で離婚調停の申し立てなどをされる場合は,

忘れずに年金分割の申立てをすべきです。

 

 

年金分割のための必要資料

 

年金分割を行うためには,「年金分割のための情報通知書」というものを

年金事務所に発行してもらう必要があります。

 

その際には,

①婚姻期間を明らかにできる戸籍謄本 や

②年金手帳もしくは基礎年金番号がわかる資料

などを年金事務所へ持参する必要があります。

詳しくはお近くの年金事務所にお問い合わせください。

 

なお,共済年金の場合には各共済組合で手続きをする必要があり,

各共済組合ごとに手続きが異なりますので,直接共済組合にお問い合わせいただく必要がございます。

 

 

年金分割の方法

 

①年金事務所での手続き

 当事者間の合意で分割割合を決めることができる場合には,

 年金事務所で年金分割の手続きが可能です。

 

 ★むつ市 上北郡のうち横浜町及び 六ケ所村 下北郡ご在住の場合

 →むつ年金事務所 

  むつ市小川町2-7-30 TEL:0175-22-4947

 

②家庭裁判所による手続き

 他方,当事者間の合意ができない場合は,

 家庭裁判所にて調停ないし審判の申立てをして分割割合を決めてもらうことになります。

 年金分割の申立ては離婚調停と一緒に行うことができます。

 家庭裁判所に備え付けてある離婚調停申立書のうち,

 「申立ての趣旨」という欄があるのですが,

 その中の年金分割の請求に関する項目をチェックするだけで足ります。

 →青森家庭裁判所 むつ出張所

 

ご自分でも簡単に申立てできますので,

是非とも離婚調停と合わせて年金分割の申立てをしてみてください。

 

 


離婚後の名字と戸籍の届け出

 

 

離婚時に自分の名字を配偶者の名字に変更していた場合の手続きについて,解説したいと思います。

 

たとえば,A田花子さんという人が結婚により,B田花子に名字を変更したとします。

その場合,花子さんは,離婚後に「B田花子」のままでいることもできますし,

A田花子」に戻ることもできます。

なお,後述するように,離婚後の名字を一度選択した後に変更するには

裁判所の手続きが必要になりますので,どちらの名字を利用するか熟慮していただく必要があります。

 

1 婚姻時の名字をそのまま利用する場合

 

まず,①「B田花子」のままでいる場合の手続きについて解説したいと思います。

 

この場合は,離婚成立の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を

市役所へ提出する必要があります。市役所の住民課の窓口へ行けば所定の用紙をもらえます。

 

  →むつ市役所 離婚に関するページ

 

 

2 婚姻前の氏に戻る場合

 

次に,②「A田花子」さんに戻る場合についてです。

 

この場合は,原則として婚姻前の戸籍(すなわち両親の戸籍)に戻ることになりますが,

新たに自らが筆頭者となる戸籍を編製することも可能です。

 

 

3「B田花子」のままでいることを届け出た後に,
 「A田花子」に名字を変更したくなった場合

 

この場合には,市役所への届出だけでは変更できず,

家庭裁判所で「A田花子」に名字を変更することについて許可をもらう必要があります。

そして,裁判所に許可してもらうためには,名字を「A田」に変更することについて

「やむを得ない」事情が必要です。

 

どのような場合にやむを得ない事情があるかという点は事案に即して判断されることになります。

この点,名字の変更申立てが恣意的ではなく,社会的弊害がないことを理由に名字の変更を認めた

例もありますが,他方で認められなかった例もあり,裁判所の判断は区々です。

  

いずれにしろ,一度「B田花子」さんを名乗ることを決めてしまうと,

必ずしも「A田花子」さんには戻れないということに注意が必要です。

 

 

4 再婚した場合

 

一度目の離婚時に「B田花子」さんを名乗ることを決めた後(旧姓は「A田花子」さん),

C田さんと再婚して「C田花子」さんに再び名字が変わったとします。

そして,さらにC田さんとも離婚した場合,

花子さんは,旧姓の「A田」に名字を戻せるかが問題となります。

 

この場合,二度目の離婚時に花子さんが市役所へ届け出ることによって選択できる氏は,

B田」か「C田」のみです。

そして,花子さんの元々の旧姓である「A田」に戻すには,

家庭裁判所の許可が必要になってきます。

 

先ほどもご説明しましたが,家庭裁判所で許可をもらうには,

名字をA田に戻すことについて,「やむを得ない」事情が必要になってきます。

したがって,必ずしも「A田」さんには戻れない可能性があります。

 


事務所ホームページ開設

事務所ホームページを開設いたしました。

これから徐々に内容を充実させていきます。

皆様のお役に立つ情報を発信していければと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。